旅行

中国旅行に現金は必須 カードを持っていてもダメな理由

海外旅行で大切なのはやっぱり現金。両替の手数料を払うのも嫌なものですが、やっぱり現地通貨を持っていておきたいもの。

中国といえば電子マネー先進国ですが、観光客なら現金は必須。支払いはすべてカードで、なんて思っていると痛い目を見ます。

実はほとんどのお店でクレジットカードが使えません。

電子決済No.1の中国

世界で最も電子決済が普及していると言われる中国。普及率は98%を超えるとも言われています。だからクレジットカードか使えるかというとそうではありません。ここでの電子決済とは、QR決済のことなのです。

中国の街中から田舎の商店まで、どこに行ってもQRコードが貼ってあります。対応していない店舗を探す方が難しいほど。自動販売機も、電車もタクシーも。なんでも対応しているのです。

一方問題なのがクレジットカード。VISA・Master・JCBなどの海外ブランドは、全くと言っていいほど使えません。対応しているのは銀聯(Union pay)のカードだけ。

独自規格の銀聯カード

この銀聯カードが厄介者。というのも、中国だけの独自規格なのです。カードの磁気が異なり、銀聯カードの機械では他のブランドを決済できません。

日本人で持っている方は少数でしょうが、中国で普及しているのは銀聯です。中国でカードといえばこれ。

可以刷卡吗?(カードは使えますか)と聞いて、可以!(使えますよ!)と店員さんに言われても、VISAカードを出すと「対応していないんです。。。」と言われる始末。

対応マークがあっても使えない場合も

VISAのマークがついているお店でも注意が必要です。僕が寄ったスーパーでは身分証の提示を求められ、結局海外発行のカードは決済不能でした。

休みの日に昆明のショッピングモールに出かけたのですが、VISAカード決済はどこも不可。小規模な飲食店はもちろん、ナイキやユニクロなどのアパレル系の店、マックでも断られました。

場所が昆明ということで、観光客向けの土地でないこともあり、国際ブランドのカード決済は絶望的です。

街中で現金を引き出すこともできるけど

街中のATMや外貨両替所でお金を下ろすこともできますが、空港の両替所で事前に換金しておくことを強くオススメします。

街の中心地に行けば、銀行やATMもたくさんありますが、なんせ日本語対応機はほとんどないもので。

ガラパゴス化する中国の電子決済

中国に来て分かったことは、爆発的に普及した電子決済は観光客には優しくないということ。

観光客でも現地の口座を開設すればQR決済を使うこともできます。ただ、せっかくの旅行行程に銀行を取りこみたくはありません。ある程度の中国語のスキルも必要ですし。

世界的に浸透しつつある電子決済。これといった国際標準はありませんが、旅行者が通貨単位を気にせずに使うにはまだ時間がかかりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。