ライフスタイル

学生だけど三井住友カードの上限額を10分で引き上げられた話

先日、バイクに教習所に通うことにしたのですが、よくよく考えたら教習所の代金って、クレジットカードの上限額を超えてたんですね。

僕のLINE Pay Visaの上限金額は10万円ですが、教習所の金額はそれを超えているし、何より今月いくらか決済しているわけです。

選択肢としては、現金決済が頭をよぎりましたが、3%のポイントがつくのにクレジットカードを選ばないのは惜しすぎる。

そこで、クレジットカードの上限額を引き上げることにしました。

学生の上限引き上げは電話のみ

三井住友カード、通称SMBCの上限額引き上げはWebで手続き完了できますが、学生の場合は若干手続きが異なります。

オペーレーターに電話をして、審査等を行ってもらう形です。Webでは手続きができません。

ちなみに、限度額の引き上げにはx2パターンあります。

2つの引き上げ方法

①継続的な引き上げ
②一時的な引き上げ

今回の僕は後者、一時的な引き上げです。あくまでも教習所の代金を払いたいだけだったので。どちらもサポートセンターに電話するんですけどね。

いざ電話

比較的すぐオペレーターの方に繋がり、カード上限額の一時引き上げの旨を伝えます。

すると、希望金額はいくらか、時期はいつ頃か、なぜ引き上げたいのか、など簡単な質問をされますので、正直に答えます。

今回の僕は、「できれば今日から、教習所の代金を支払いたいので、10万円から20万円に引き上げお願いします。」と答えました。

その後がわりと衝撃的なやりとり。

「只今から審査を行います、ご希望に添うことができない場合もございますのでご了承ください。(数秒の間…)審査通過いたしました。引き上げの準備が完了しました。」

審査早えぇ。本当に2秒。一応今まで延滞はなかったからでしょうか。細かいことは不明ですが、とにかく一瞬で審査は終わりました。

保護者の確認をして引き上げ完了

ちなみにSMBCでは、学生が上限額を引き上げるために保護者の同意が必要です。20歳を超えていてもです。

この辺は学生の信用のなさを痛感しますが、んなことはどうでもいい。

さくっと親に電話してもらいます。

ちなみにコールセンターでやりとりした時に、ショートメッセージ(SMS)にリンクを送ってくれますので、それに沿って電話すればOK。

保護者の電話では、子供の名前、生年月日の他に、会員番号(クレジットカードの16桁の数字)も聞かれるので、同居していない場合はその辺に注意。

保護者の同意確認が取れると、その瞬間から限度額が引き上げられます。
一時的な引き上げの場合、引き上げ期間は未確定分の引き落とし日まで。

僕の場合は、毎月26日引き落としのカードですので、6月10日(引き上げ日)〜7月26日まで限度額が20万円になります。

思ってたよりすぐ終わる

学生の限度額引き上げってなんとなく面倒なイメージがあったんですが、意外とあっさり完了しました。

電話をかけ始めてから、10分も掛からずに限度額が引き上げ。こんなに簡単だったのかと拍子抜けしてしまいます。

限度額が上がったからといって、カード会社にお金を建て替えてもらっていることに変わりはありません。

ご利用は計画的に。それではまた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。