ガジェット

最速でMacのWi-Fiハードウェアなしを解決する方法【欠点あり】

Wi-Fiが使えないパソコンなんて、もはや液晶モニターです。本当に使い物になりません。僕のMac使用目的のうち、オフライン作業が大半を占めているのが不幸中の幸いですが、やっぱりインターネットに繋げたかった。

修理見積もりをした際には6万円と言われ、、そんなにお金を出したくなかったし。。。
いつまでもそんな状況ではいられないので、この場を凌ぐためにあるものを購入しました。

こんな人向けの記事です
  • 修理はせずにWi-Fiに接続したい
  • とにかく早く直したい

 

修理に関しての一連の流れはこちらの記事をご覧ください。

MacBook「Wi-fiハードウェアなし」の解決策。修理代は6万円。 それは突然やってきた。まさに悪夢。 僕はどこにでもMacを持ち歩きます。調べ物をしたり、書類を整えたりする...
Macbookが「Wifiハードウェアなし」になって、14万円分の修理をした話どうもこんにちは、いわにわです。 以前、愛用していたMacがWifiハードウェアなしになったので、奮闘し、結局修理見積もりをした話...

今回購入したのはこちら

小型のWi-FIアンテナを購入し、外付けアンテナとして使用します。意外とお安いんです。

 

 

 

修理をしない場合の対処法

Wi-Fiアンテナが壊れたMacでも唯一インターネットに接続する方法があります。市販の小型Wi-FIアンテナを装着するのです。

お使いのOSと互換性があるか確認しましょう。僕の場合はHigh Sierraだった為、使用できました。購入し、セットアップを終わらせたのがこちら。

無事インターネット繋がりました。Webサイトの閲覧や動画視聴も問題なく行えます。しかしこの解決法、いくつかの問題が残っています

やっぱり問題点はある

AirDropやSiriが使えない

Apple製品間でのデータ転送を簡単に行えるAirDropは本体のBluetoothとWi-Fiアンテナを使用します。アンテナが壊れた状態では、共有メニューのAirdropは選択できない状態に。

外付けのアンテナをつけても、AirDropの際には使えない為、使用できないまま。iPhoneやiPadからデータを移したい時には不便な思いをすることになります。

Siriについても内部のWi-Fiアンテナを使用するため、使用できません。ずっと「もう一度おっしゃってください」しか言わなくなってしまいました。

充電持ちが悪い

ハブを通して常にアンテナに給電しているため、充電の減りがかなり早くなります。以前なら1日もった充電も、早いときは2,3時間でなくなってしまいます。

また、また使うからといってアンテナをさしっぱなしでスリープにしておくと、もれなく次回使うときに充電がなくなっています。アンテナはスリープ中も充電を食うようです。

もちろん、バッテリー自体が消耗しているのもありますが、充電サイクルが今までより早くなるため、バッテリーの消耗も早くなります。

ハブ/アンテナを忘れると詰む

当たり前ですが、アンテナやハブを忘れるとMacを持ち歩いても何もできません。いくらWi-Fi環境が整っていようが、本体が壊れているのです。

メールの整理をしたくても、オフライン作業以外はなにもできない、というムズムズしたことになります。

「一時しのぎ」には最適

何かと不便なことは多いですが、一時しのぎとしては十分に使用できるレベルです。2ヶ月くらいは使用しましたが、なんとか使えます。

ただ一つ言えることは、いつかは直したほうがいいということ。僕の場合は学生なので、パソコンがないと何もできない、といった環境はなかなかありません。しかし社会人の方であれば、そういったことも頻繁に起こるはず。

修理するにも1週間はパソコンがなくなりますし、バックアップも取らないといけません。1000円くらいですし束の間のしのぎにはオススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。